引き出し方について

実際に消費者金融でお金を引き出す方法についてご説明します。
大手消費者金融のケースを例に挙げましょう。

主に2種類の方法があります。

●来店せずに引き出す
インターネット、電話を使えば24時間365日お金を借りることが可能です。
しかも、利用者の口座に直接振り込んでもらうことができるので、とても便利です。
また、以下のような方におすすめです。
・クレジットカードの引き落とし口座に残高が足りないので、直接口座にお金を振り込んでほしい。
・家の近所にATMがないので、日ごろ使用している口座に振り込んでもらえると助かる。
・店頭に行くのは気が引けるので、銀行ATMからお金を直接引き出したい。
ただし、手数料がかかりますので気を付けてください。

●店頭で借りる
全国の消費者金融の窓口、ATMを使う方法です。
利用手数料が無料なので、無駄なお金をかけずにキャッシングをしたい方には最適。
ほとんどの業者が24時間年中無休ですので、今すぐお金を借りたいというときでも対応してもらえます。
カードを発行しなければなりませんが、時間がかかるものではありません。

主に以上の方法となりますが、利用者の都合のよい借り方が良いでしょう。
気軽に借りられるのは「来店しない」方であり、手数料がかからないのは「店頭で借りる」方です。

利率の基準について

キャッシングを利用しようと考えている方が気になるのは、おそらく「利率」のことでしょう。
利率とは金利のことで、お金を借りるとき、借り入れた金額に加えて支払うお金のことです。
たとえるなら、お金のレンタル料金と言えばわかりやすいかもしれません。

利率は「%」で表示され、借りた金額に対して支払う割合がわかります。
基本的に年率となりますので、一年間お金を借りた場合に発生する利息の割合のことです。

利率の計算方法としては、
「元金×金利=利息」
となります。
元金というのは借りるお金のことです。

より理解を深めるために、具体的に数字を挙げてご説明しましょう。
・借りるお金:100万円
・金利:15%
の場合、
100万円×15%(0.15)=15万円
となり、金利15%で100万円を借り、一年後に全額返済をすると115万円(100万円+15万円)の支払いとなります。

金利の上限は法律によって定められており、
・10万円未満 20%
・10万円以上100万円未満 18%
・100万円以上 15%
です。
すべて上限金利、年率となります。

これよりも高い金利を取る金融業者、消費者金融は違法業者(闇金)となりますので、絶対に利用しないでください。